日本の将来を見据えた事業

模型

エネルギー事業を推進

鈴木貞一郎はビル管理やビルのメンテナンスを行う会社の社長をしていましたが、今は相談役になっています。ビルの管理数は5400棟という巨大なもので、従業員数はグループで19000人を超えています。鈴木貞一郎が株主となっているこの企業は、全国にある施設やビルなどを一元管理しているのです。業界最大のネットワークを持っているので、地域ごとに系列会社と連携して業務を推進しています。鈴木貞一郎はこれだけに収まらず、新電力事業にも参入しています。2016年の電力自由化によって各家庭でも電力を自由に選べるようになっていますが、鈴木貞一郎はこの新電力の業界でも手腕を発揮しています。新電力には様々な企業が参入していますが、割引プランなどで従来よりも安い電気料金になっています。このように鈴木貞一郎が関係する事業は世間で注目されていますが、オフィスビルなどの省エネ業務なども展開しています。エネルギーの消費の仕方によっては無駄が多くでます。それらをきちんと把握して、快適性を維持しながらエネルギー消費を抑える活動を進めています。このように鈴木貞一郎が手がける事業はエネルギー関連が多く、資源小国の日本の将来を見据えた上での事業展開を行っているのです。原子力発電所を管理する会社の会長も務めており、安全性と信頼性にも寄与しています。このように日本のエネルギー事業に大きな関心と技術革新を期待できるのが、鈴木貞一郎の手がける事業なのです。