店舗

業者を選ぶコツ

名古屋で店舗デザイン業者を選ぶなら、まずは設計のみなのか、工事だけか、あるいはすべてを請け負っているのかを確認しましょう。それからきちんと監督してもらえるのかは重要です。加えてこまめに進行状況を報告してくれて、手直しもしてもらえるなら言うことなしです。

模型と電球

新電力の人気の理由

大掛かりな設備がいらないPPSの電気料金は安く、大手電力会社よりも大幅に料金を下げられる可能性があります。企業の電力自由化は2005年から始まっていたので、実績を積んでいる事業者もいます。年間で数百万円コストカットできた企業もあるので、検討しても損はありません。

模型

日本の将来を見据えた事業

鈴木貞一郎の手がける事業はエネルギー関連に深く関わっています。ビルの管理やメンテナンスの事業を進めるだけでなく、新電力の業界でも事業展開をしています。また原子力発電所の管理事業にも力を入れており、安全性と信頼性のある管理を行っています。鈴木貞一郎は資源小国の日本の将来を見据えた事業展開をしています。
太陽光発電

農地を太陽光発電にも活用

耕作放棄地などを取得・集約して農作物生産を行う農業法人にとって、農地が生み出す収益性は大きな課題とされてきました。そうした中で注目されているのは、営農と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリングの技術です。農地転用条件が緩和されたことにより、大半の農地でソーラーシェアリングが実現可能となったのです。

店舗

店舗経営に関わる

名古屋で店舗経営するとき、店舗デザインは大きなポイントとなります。店舗デザインは費用だけでなくデザイン性、機能性をチェックして選ぶ必要があるので、なるべく多くの事務所をみて選ぶ必要があります。立地もポイントなのでこまめに確認するのが重要です。

パネルの設置し過ぎに注意

ソーラーパネル

光合成が必要な植物

ソーラーシェアリングは農地を使って行う太陽光発電のことで、農業収入に加えて売電収入も得ることができるため農地の収入性を上げるために導入されています。空き地で太陽光発電をするのはなく、農産物を育てながら発電をすることになるので、やみくもに太陽光パネルを設置することができないので注意が必要です。植物は光合成をして成長をすることになるので、太陽光パネルによって日が隠れてしまうと光合成ができなくなってしまいます。農地にびっちりと太陽電池を設置すると地面に日が当らなくなってしまい、植物が育ちません。しかし、植物は一日中日に当たっていたとしても光合成ができる量が決まっているので、ある程度の日陰があっても良いことがわかっています。全ての作物では33%の影があっても成長は阻害されないとされているので、ソーラーシェアリングは農地の33%程度の大きさの太陽光パネルを設置できることになります。植物によってはさらに日陰になる時間が長くてもよいものや、逆に日を当て過ぎると葉が変色したり、柔らかくなりすぎたりという被害がでることがあります。例えば、シイタケやキクラゲはほとんど日に当てなくても育てることができます。また、ソーラーシェアリングで農地に太陽光パネルを設置する時には架台を建てる必要があります。その架台を使って植物を育てることも可能なので、なるべく効率良くソーラーシェアリングで発電できるように作成する植物を検討してみてください。